地元に詳しいサカエ建設が安全性の高い家を提供する

環境と体に優しい住まい

一軒家

汚染物質や寒暖差

豊田は、全国屈指の工業都市として知られています。特に自動車産業がさかんとなっていて、自動車の年間製造数では全国第1位を誇っています。しかしだからこそ豊田では、工場の数が多く、一時期は工場から排出される汚染物質による環境問題が深刻となっていました。現在では、改善への取り組みにより、環境はむしろ周辺都市よりも良くなりつつあります。そして取り組みのひとつとして、豊田では注文住宅が多く建てられています。凝ったデザインとなることから人気のある注文住宅ですが、デザインだけでなく構造や建材にも工夫を凝らすことができます。そしてそれにより、汚染物質を排出しにくい、環境に優しい住まいとなるのです。たとえば、天井や床下にグラスウールなどの断熱材を入れておくと、屋内は暑さや寒さの影響を受けにくくなります。豊田は、季節による寒暖差が大きく、気温が30度を超える日が1年のうち2ヶ月以上続くことが多い上に、冬の気温は氷点下にまで下がるという地域です。その分多くの人が冷暖房器具を頻繁に使用しているのですが、断熱性の高い注文住宅では、その使用頻度を低くすることができます。つまり、省エネによる環境保全が可能となるわけです。また、合成木材を使わずに無垢材を使って建てるという注文住宅も多く、これも環境保全につながることから注目されています。さらに、合成木材から出てくる化学物質による呼吸器や皮膚の疾患を防ぐので、環境に優しい注文住宅は、人の体にも優しいと言えます。